製造業におけるSWOT分析とは?実践方法などを徹底解説

自社の強みと弱みについて、市場の機会と脅威の観点から整理をして、事業や製品の戦略を立てるための分析方法であるSWOT分析。

製造業は、共通の目標である「生産性の向上」のために、人員配置や業務の見直し、資源を最適化するためにもSWOT分析での事業戦略の立案が有効とされています。

では製造業においてのSWOT分析はどのような観点に留意することが必要でしょうか。

本記事では、製造業の企業がSWOT分析をする際のそれぞれの項目の説明をした後に、製造業の企業のSWOT分析の例を紹介します。

SWOT分析とは


SWOT(スウォット)分析とは、自社の強み(Strength)と弱み(Weakness)について、市場の機会(Opportunity)と脅威(Threat)の観点から整理をして、事業や製品の戦略を立てるための分析方法です。一般的に、前者の自社の強みと弱みが「内部環境」、後者の市場の機会と脅威が「外部環境」と言われています。SWOT分析は、事業のコアコンピタンスの分析や経営資源の最適化にも、有効とされています。

SWOT分析をする際はSWOT分析をした後の姿や、どの分野や製品においてSWOT分析するか、などの目的を明確化した後に、外部環境である機会と脅威の分析から行うと外部環境に相応した内部環境を考えやすくなります。

SWOTのそれぞれに項目が埋まったら、クロス分析をするとSWOT分析の精度をさらに高めることができます。クロス分析とは、SWOT分析で出した内部環境と外部環境をそれぞれの項目ごとに掛け合わせて分析する方法です。以下が分析例になります。

強み×機会:自社の強みを機会に活かし、展開方針を決定。
強み×脅威:自社の強みを活かして脅威との向き合い方の検討。脅威に参入するか、脅威から撤退するか等。
弱み×機会:自社の弱みの中から客のニーズを引き出す新たな戦略を検討。
弱み×脅威:自社の弱みと向き合い、脅威からの影響を最小限にとどめる方法を検討。

SWOT分析の後にクロス分析をすることで、内部環境をさらに深掘ることができ、自社の課題と今後の対応を浮き彫りにしやすくなります。

製造業におけるSWOT分析


続いて、製造業におけるSWOT分析を解説します。製造業のSWOT分析の目的や各項目の具体例を説明します。

製造業におけるSWOT分析、目的・効果は?

製造業がSWOT分析をする理由・目的は、製造業の共通の課題である「生産性の向上」のために、人員配置や業務の見直し、資源を最適化する事であると言えます。

特に製造業では、SWOT分析をすることで、以下のメリットがあります。

内部環境の分析からは人員配置や人員投資の見直しを図り、人手不足の解消に繋げることや、自社の作業形態を見直してボトルネック工程の見直しを図り、生産性の向上に繋げることもできます。

外部環境からは、自社の環境や自社の置かれた環境などを客観的に分析します。それによって、自社の製品や製造方法などからの自社の優れた点であり他社には真似できないような「コンピタンス」を見つけたり、反対にボトルネック工程となっている工程などの自社の弱みをチャンスに繋げたり、あるいは費用投資を削減したりといったように、企業の戦略を検討することができます。

製造業のSWOT分析 各項目の分析例を紹介


次に、製造業の企業がSWOT分析をする際のそれぞれの項目の例を説明します。

自社の製品の戦略を立てるためのSWOT分析と、自社の業務の効率化を図ることを目的とするSWOT分析の例を紹介します。

内部環境 強み(Strength):製品戦略のSWOT分析では、自社の優れた点が強みになります。顧客から高い評価を受けている製品や、市場で高い位置にいるなどの結果を出せている製品が例です。業務の効率化を図ることが目的のSWOT分析では、自社での有識者や職人保持による経験からの目検ができることが例です。

内部環境 弱み(Weakness):製品戦略のSWOT分析では、売値と仕入値の差が小さい商品であるため利益に繋がりにくい、ブランド力がないなどの強みの裏にある課題なども弱みの例になります。業務の効率化を図ることが目的のSWOT分析では、人手不足のため、商品の受注から出荷するまでのフローに時間がかかることが例です。

外部環境 機会(Opportunity):製品戦略のSWOT分析では、景気が回復傾向にあり市場の動きが活発になったことや、自社の製品に目を向けた海外の商社から海外の進出の取引の依頼が来たなどが例になります。

業務の効率化を図ることが目的のSWOT分析では、IT投資により、ボトルネック工程を省けるサービスが展開されていること等が例になります。

外部環境 脅威(Threat):製品戦略のSWOT分析では、流行が変わりつつあり、自社製品を使用する習慣がなくなってきたなどが例です。

業務の効率化を図ることが目的のSWOT分析では、AIを搭載したロボットなどの進出により、伝統作法が失われつつあることなどが挙げられます。

4P分析

内部環境である、強みと弱みの項目を分析する際の1つの方法として、マーケティングのフレームワークである4P分析を紹介します。

4P分析は、Product(製品・商品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(アピール)の、4つの頭文字のPをとって、4Pと呼ばれています。

自社のどのような良さのある製品を、どのような価格で、どの方法やルート、範囲でアピールするかを分析することができます。

4P分析のそれぞれの項目を深く分析すると、4つの戦略から自社の製品やサービスについて深堀して、マーケティングに繋げていくことができます。今回は4P分析をした後にSWOT分析をするとより高度の高いSWOT分析が完成するという見解から、マーケティングで用いられることの多い4P分析を紹介しました。

製造業SWOT分析 例

ここからは、製造業の企業でのSWOT分析を実践します。生活用品の製造や販売を行う「アイリスオーヤマ」を例にSWOT分析をします。

SWOT分析 事例~アイリスオーヤマ~


まず、アイリスオーヤマの外部環境を分析します。

機会(Opportunity):大手家電メーカーを早期退職した有識者をアイリスオーヤマに集めて高度の技術開発に注力が可能に。
アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループとの資本業務提携により、AIロボットと商品開発力を組み合わせた新たな市場を創造。

脅威(Threat):TOWERブランドをもつ山善などの自社ブランドをもつ企業の参入。
冷蔵庫やカメラなど、IoT機器やIoT家電のウイルス感染の可能性。

次にアイリスオーヤマの内部環境を分析します。

強み(Strength):安価で高性能な家電製品。市場のニーズをくみ取り、マスクなどの日用品をいち早く販売するなど、多角化した事業を持っている。

弱み(Weakness):新製品を高スパンで販売するも、部門によっては人手不足が挙げられる。低価格ゆえに耐久性がないというイメージを持たれる。

最後に、SWOT分析を応用してクロス分析をします。

強み×機会:M&Aも視野に入れつつ、今後は更なる事業の企業との共業を展開。
強み×脅威:今後も時代のニーズにアンテナを張り、自社ブランドのイメージアップに努める。
弱み×機会:業務提携などにより、現在の工場の無人化(茨城県つくば市の飯田工場)などのような動きをとり、人手不足などの弱みを解消する。
弱み×脅威:IT化や自動化を進めつつも、セキュリティなどの有識者を確保してセキュリティ管理ソリューションなどを提供。

まとめ


SWOT分析をすることで、人員配置や人員投資の見直しによる人手不足の解消だけでなく、自社の作業形態を見直してボトルネック工程の見直しを図り、生産性の向上に繋げることができることが分かりました。

SWOT分析をする際は、1人だけでなく複数人で何個かチームを作って実践すると、さまざまな分析結果が出てきて分析する目的に近づく可能性が高まります。
製造業の企業の方は、SWOT分析による企業の戦略立案を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事はさんが執筆しました

製造業におけるSWOT分析とは?実践方法などを徹底解説

関連記事